受変電設備工事に伴うキュービクルの設置補助、幹線引きから通線まで

突然ですがキュービクルってご存知でしょうか?
電気工事業者の皆様にはお馴染みだと思いますが、建設業界に入っていなかったら私はこの機器の名前を知らなかったと思います。

一般家庭やマンションでは低圧受電に変換された電気を使用していますが、商業施設やオフィスビル、工場などは大量に電気を使用するので、電気代を抑えるためにキュービクルを設置します。
キュービクルは電力会社より供給される6,600Vもの高圧電気を施設内で使えるよう100Vや200Vに変圧するための機器を金属製の箱に収めたものです。キュービクルに引き込んだ電気は分電盤を通して照明やコンセント、機械などに使用されています。

 

キュービクルの役割

キュービクルの役割

 

分電盤は「電気を分ける役割」と「電気を安全に使用するための役割」を持っており、過度な電流が流れた時や、漏電時にはブレーカーが作動して自動的に電気を遮断します。
弊社では、受変電設備工事に伴う作業として、キュービクルの設置補助、幹線引きや通線、配電盤への行き先表示貼りなどのご依頼を請けております。もし、職人さんの手が足りないなどで、お困りの場合はお気軽にご相談ください。

 

>>横須賀営業所の募集はコチラから<<

 

 

 

 

 

>>お仕事のご依頼はコチラをクリック<<

東和コーポレーション お仕事のご依頼

 

 

 

>>ブログのトップページへ戻る

>>ホームページトップへ戻る