2018.9.23 社員旅行初日の様子

東和コーポレーションでは年に1度のお楽しみとして、社員旅行があります。
この日ばかりは実務を忘れて、皆さん楽しそうに歓談しながら群馬県へ旅行に行きました!
今回は群馬県、初日は世界遺産「富岡製糸場」と「伊香保おもちゃと人形 自動車博物館」へ行ってきました。

ご存知の方も多いと思いますが、富岡製糸場は明治5年に建設された建物で、当時の最先端技術で蚕の繭を原料にして生糸を作っていました。
手触りの良いシルク製品の材料ですね。
フランスの労働法を取り入れ、8時間労働、お昼休みや休憩時間、日曜・祭日は休日、夏休みに冬休みもありと、当時としては革新的な職場でした。
給与も能力給で、一等工女、二等工女、三等工女、等外工女と階級があり、中でも一等工女は憧れの職業だったようですね。

富岡製糸場の様子

富岡製糸場

富岡製糸場では記念撮影を行い工場見学をしてきました。
建物の歴史から、造りに至るまで、建設業で働く私達も興味津々でガイドさんの説明を聞いて楽しみました。
そしてお昼に水沢うどんを・・・なんと”食べ放題”で味わいました。

伊香保おもちゃと人形 自動車博物館

伊香保おもちゃと人形 自動車博物館

伊香保おもちゃと人形 自動車博物館では、昭和時代のおもちゃやアイドルの写真やポスター、パチンコに射的など、懐かしい時代へタイムスリップしてきました。皆童心に戻って楽しんでいましたね。
ここの入場券はちょっと変わっていて、なんと手のひらサイズのキューピーちゃん人形が入場券になります!
遊び心満載の施設ですが、今回は渋滞で滞在時間が短くなってしまったので、次回行く時は時間を気にせず遊びたいと思いました!

旅行編のブログは長いので今回はここまでです。
次週に続きますのでお楽しみに!

 

>>ホームページトップへ戻る

>>ブログのトップページへ戻る