合同安全大会の様子(八王子・橋本・三鷹・府中・立川・中野)

今年の猛暑は記録的暑さが続いています。
安全大会を通じて少しでも熱中症のことを知り、予防対策を実施していきましょう!

熱中症になりやすいのは誰だ?

今回の安全大会では熱中症になりやすい人を実演して、それについ全員でディスカッションしました。
人それぞれ生活習慣は違いますが、その生活習慣で本当に大丈夫なのか?
年齢、趣味、お酒、出身地等から誰が熱中症になりやすいのかを当てていただきました。

熱中症対策として

熱中症は気づかない内に脱水症状に陥っています。
爪の先を押して離した時、3秒以内に血流が戻るのか?、手の甲の皮を引っ張ってすぐに戻るのか?、尿の色の濃度が高くなっていないか?、トイレに行く頻度は?等々・・・。
普段から気をつけていれば、こういった変化も見逃さないと思いますが、暑さで思考が鈍ると見逃しがちになります。
ですので普段の生活から自分がどんな食事や水分補給の仕方、睡眠時間、アルコールの頻度まで考えて行動しましょう。

 

>>ホームページトップへ戻る

>>ブログのトップページへ戻る