床スリーブ工事の様子

地中梁スリーブ工事、梁スリーブ工事とご紹介しましたので、今回は床スリーブ工事になります。
スリーブ工事では主に型枠大工さんや鉄筋屋さんとコミュニケーションを取りながら行います。

床面に板が引かれたところで墨出しを行い、スリーブを入れるポイントに印を付けていきます。
その後、鉄筋屋さんがスリーブを入れる場所を確認しながら、床に鉄筋を引いて行きます。
現場の様子を覗いて見ましょう!

 

床スリーブ工事

床スリーブ工事

 

最初の内はスリーブをしっかり抑えられなくて、釘を打つ度にずれてしまいました。(;・∀・)
釘という小さな的に、力をしっかり伝えて叩くのも馴れが必要ですね!

床スリーブも最後にコンクリートに埋まります。
養生蓋でしっかりと塞がないと、コンクリートが入ってしまい後で大変になってしまいますね。
まだ紹介していないのが壁スリーブですので、近々ご紹介します。

 

>>お仕事のご依頼はコチラ

>>地中梁スリーブの工事の様子
>>スリーブ体験ができる営業所はコチラから!

>>トップページへ戻る